スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙義龍泰成

妙義龍 泰成(みょうぎりゅう やすなり、1986年10月22日 - )は兵庫県高砂市出身で境川部屋所属の現役大相撲力士。本名は宮本泰成(みやもと やすなり)。身長186cm、体重135kg。経歴小学校時代より兵庫県姫路市の広畑少年相撲教室に通い、高砂市立荒井中学校時代には全国中学校体育大会(全中)への出場を果たした。高校は埼玉栄高校に進学し、2004年には同級生の豪栄道とともに全国高等学校総合体育大会(高校総体)に出場し、団体戦では豪栄道が主将、妙義龍が副将としてチームを引っ張った。個人戦では豪栄道が高校横綱、妙義龍は準優勝に輝いた。日本体育大学4年生の2008年には大分国体成年個人の部で優勝し、大相撲の幕下15枚格付出の資格を獲得した[1]。複数の部屋から誘いがあったが[1]、2009年5月場所前に豪栄道が所属していた境川部屋へ入門[1][2]、5月場所で2007年3月場所の森以来となる幕下15枚格付出として初土俵を踏んだ[3]。入門時はプロの体の大きさや両手を同時につかない立ち合いに戸惑い[4][5]、場所前は2006年5月場所の下田以来となる幕下付出での7戦全勝を目標にしていたものの[2]、2日目のデビュー戦で力龍に上手投げで敗れた[3][6]。しかし4日目の2番相撲でプロ初勝利をあげると[7]、そのまま4連勝し[5]この場所は5勝2敗で勝ち越した。その後7月場所、9月場所、11月場所といずれも幕下で5勝2敗と勝ち越し、12月2日に開かれた1月場所番付編成会議で十両昇進が決定した[8]。昇進時に四股名を宮本から、埼玉栄高校時代の恩師らと考案し「いろいろな技を出せるように」という意味を込めた妙義龍に変更した[8]。新十両を東14枚目で迎えた2010年1月場所は初日に十文字を押し出しで破って十両初勝利をあげたが、2日目の臥牙丸戦で左膝の半月板を負傷して3日目から休場。以後は再出場することなくこの場所を1勝2敗12休で終えた。豪栄道とは高校時代に2年の県新人大会準決勝、2年のインターハイ決勝と個人戦で2度対戦しいずれも敗れている[2]。主な成績2010年1月場所終了現在通算成績:21勝10敗12休(5場所)改名歴宮本 泰成(みやもと やすなり)2009年5月場所 - 2009年11月場所妙義龍 泰成(みょうぎりゅう - )2010年1月場所 -脚注^ a b c "

<民事再生法違反>特定債権者のみに弁済 容疑の数人逮捕へ(毎日新聞)
<水俣病>関東移住の46人に疑い 東京で検診(毎日新聞)
虚偽記載「全く把握してない」=小沢氏、説明文書を配布(時事通信)
徳島の高校生刺傷、不審な男を確保(産経新聞)
外国人参政権、都道府県で反対決議広がる 「他国の国益」に警戒感(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いわさききくおさん

Author:いわさききくおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。